デジタルでの終活

近年、遺族が故人のパソコンの中身を見たいと希望するケースが増えているそうだ。というのも、最近は写真と言えばデジカメで撮影し、あまり印刷もしないので写真のデータがパソコンの中に入ったままのケースが少なくない。例えば夫が亡くなった後、夫が使っていたパソコンからデジカメの写真を取り出したいと思うのは当然だ。こうして亡くなった後、遺族が故人のパソコンを見ようとするわけだ。
ただ、ハードディスクの中には家族との写真以外のデータも保存している人がほとんどではないだろうか。
夫が突然死してしまった。そして妻が夫のパソコンを見て写真データを検索したら、不倫相手との写真が…なんて事態も容易に想像できる。不倫の写真でなくても、生前に保存したアダルト動画が妻に見つかったケースもあるようだ。
パソワードをかけていたとしても、簡単なパスワードなら解析ソフトを使えば簡単に破られてしまう。そもそもハードディスクを物理的に取り出して、他のパソコンを使ってデータだけ吸い出されてしまう可能性だってある。「勝手にパスワードを解析したり、ハードディスクからデータを吸いだしたりデータを見るなんてプライバシー侵害だ」と騒いでみても、その時あなたはこの世にいないのだ。
そうなると、見られたらまずいデータがある人は、死んだ後に見られないようにきちんとした対策をしておかなければならない。このような対策・考え方を「デジタル終活」と言うそうだ。まず行うべきは、見られていいものと、個人的なデータを区別すること。データによってパソコン自体を複数に分けてしまうのも一つの手だ。さらに、家族写真など家族と共有するデータについては、家族共有の外付けハードディスクなどを利用したり、クラウドサービスを利用するといいだろう。
では、見られたら困るものはどうすればいいのか。たとえば、データそのものを暗号化する外付けハードディスクに保存すれば、データを吸い出されることは防げる。さらに複雑なパスワードを設定すればそう簡単にみられることはないだろう。
また、一定期間パソコンを起動しない場合や亡くなった後に特定のアイコンをクリックすると、メッセージを流しているバックグラウンドでデータを消してくれるというソフトもあるそうだ。
死後のパソコンデータの心配までしなければならない時代になったのか…。