Amazonが避難所のほしいもの公開

Amazon.co.jpで、熊本地震で被害を受けた地域の避難所の「ほしい物リスト」が公開されているそうだ。避難所が必要なもの、求めているものを購入し、現地に直接配送して支援できるという。
被災地からのニーズに基づき、必要な物資の「ほしい物リスト」を作成・公開して支援を募る取り組みとのこと。食糧や水、衛生用品のほか、ハイソックスや枕、薬やシェービングジェル、コンタクトの保存液、充電器などをラインアップ。購入した商品はヤマト運輸の協力で各避難所に直接配送するそうだ。
21日午後7時時点で、熊本市の武蔵小学校、武蔵中学校、楡木小学校、益城城南中学校、龍田小学校、龍田中学校の6か所の避難所がリストを公開しているとのこと。
現地の声を反映し、欲しいものを直接支援できるというのは画期的だ。